WEB作成

自社の商品や情報を発信するwebサイトは、現在では欠かすことのできない存在です。

このwebサイトを自社内で制作するには、デザイナー、コーダー、ライター、システムエンジニア、ディレクターなど、数々の人的リソースが必要になってきます。

正直にいって、これだけの業務を社内でこなすのは容易ではありません。

では、実際にwebサイトを作り上げるにはどのようなフローをたどるのか、見てみましょう。

新しく立ち上げるwebサイトの目的を明確化する

目的に合わせてサイトの内容を決める

サイトの構造を決める(設計)

各ページの構造を決める

画像やテキストを用意する

デザインを作る

コーディングする

ドメイン取得

サーバを用意する

公開する

制作を外注するならばこの長い工程のうち、最初の2つ

「webサイトの目的を明確化する」
「目的に合わせてサイトの内容を決める」

これに注力するだけで、イメージ通りのwebサイトを手に入れることができます。

それ以外にも、webサイトの作成を外注することで、

自社を客観視することができる。

不明確だった目的をはっきり意識することができる。

最新のSEO対策をとることができる。

経験豊富なクリエイターが参加してくれる。

時間的、技術的な制約を減らせる。

など、たくさんのメリットが得られます。

また現在では、SEO対策なしのwebサイトは考えられません。

知識がないからといってSEO対策なしのwebサイトを立ち上げても、集客につながらなかったり、PVを稼げなかったりしたら、まったくのムダといっても言わざるを得ません。

SEO対策に明るいクリエイターに制作を依頼することで、「webサイト作成」が自社の売上に対して有益な投資となるのです。

© 2021 データ入力・商品登録の在宅ワークプロ集団 大阪シーアンドエス